2017年05月30日

のみにこ今週のイベント情報(5/30〜6/4)

5/30(火)から6/4(日)にのみにこで行われるイベント情報です。

〇ウクレレサークル nomilele
ハワイ生まれの楽器、ウクレレでいろんな人たちと交流しませんか。
初心者の方や、小さなお子さん、年配の方でも簡単で始めやすい楽器です。
自分のウクレレを持ってない方も大歓迎!体験用のウクレレも準備しています。(要予約)
メンバー随時募集中!どなたでもお気軽にご参加ください。

日時:6月3日(土) 午後7時30分〜午後9時
参加費:要確認
前日までに予約が必要です。

ウクレレ.png

詳しくは能美市市民協働まちづくりセンター「のみにこ」までお問合せください。
電話:0761-46-5746 メールアドレス:nomi-kyodo@topaz.ocn.ne.jp

posted by nominiko at 10:35| Comment(0) | イベント情報

2017年05月26日

★募集中★ みなさんの活動が 「能美市移住交流プログラム」 に!!

地域振興課からお知らせします。

今年度、市外、県外に住んでいらっしゃる方に向けて、
能美市の住みよさ、暮らしやすさを体験していただくために、
能美市を拠点として活動する市民団体の活動プログラムを
市外、県外の方に「移住交流プログラム」としてPRしていきます。

里山のアートフェスタ.jpg

皆さんが開催されているプログラムのなかで、
・市外、県外にお住まいの方で、能美市に興味のある方が参加してもOK!
・私たち、能美市への移住希望者との交流、歓迎です!
という企画がございましたら、地域振興課へご連絡ください。

(注意)
・参加受付は各団体でお願いいたします。
・参加者の方がプログラムを通じて能美市の住みよさ、暮らしやすさを体験できる
 プログラムが対象です。
・普段のプログラム通りの開催で大丈夫です。(特別なおもてなしは必要ありません)
自然な形で運営者、参加者が楽しく交流できるプログラムをお待ちしています!

地域振興課からも、各団体さんへご連絡させていただく予定です。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

★移住交流プログラムとして紹介する際に教えていただきたいこと
・プログラムの概要(どんなことをするのか)
・プログラムの開催日時
・参加料
・定員
・集合場所
・申込先連絡先
・プログラムの雰囲気がわかる写真1〜2枚

★現在、ご紹介している移住交流プログラムです!里山ガイドハイク.jpg
・里山ガイドハイク(能美の里山ファン倶楽部)
https://www.iju-join.jp/prefectures/ishikawa/600108/k/19367
・里山のアート体験ツアー(辰口アーティスト村オープンハウス実行委員会)
https://www.iju-join.jp/prefectures/ishikawa/600108/k/19386

posted by nominiko at 09:21| Comment(0) | お知らせ

2017年05月25日

平成29年度「いしかわ 地域の魅力創造まちづくり事業」募集中です!

(公財)いしかわまちづくり技術センターでは元気な住民と元気なまちをつくりだす
風土・食・伝統をテーマとした継続的なまちづくり活動に、活動費用の2/3(上限50万円)を
助成する制度があります。
kaigi_shifuku_brainstorming.png
現在募集期間ですので、地域を活性化させる事業を考えている方は
ぜひともご応募下さい!

いしかわ 地域の魅力創造まちづくり事業

●応募期間
平成29年5月1日(月)〜同年6月12日(月)まで〔締切日必着〕
●趣旨
我(和)がまちづくり(いしかわ 地域の魅力創造まちづくり事業)は、“元気な住民と元気なまち”をつくりだすための、風土・食・伝統をテーマとした継続的なまちづくり活動に、活動費用の2/3(上限50万円)を(公財)いしかわまちづくり技術センターが助成いたします。
●応募条件と対象活動
1. 石川県に活動拠点をおき、活動していること
2. 規約等を定めて継続的に活動していること
3. 県内在住または在勤者が活動の主体であること
4. 地域住民が主として参加する活動であること
5. 地域住民がまち(まちづくり)を知り・考える活動であること
6. 参加する地域住民が10名程度以上であること
7. 平成29年4月1日〜平成30年1月31日の間に開催する活動であること
●助成金額
ステップアップ部門:上限50万円×1件
;設立より3年以上経過した団体や他団体と連携し活動をする団体などが、さらに活動規模を広げるための支援
チャレンジ部門:上限20万円×3件 (予定)
;活動初期段階の団体が新たな活動にチャレンジする場合や、継続団体が新たな活動を始めるための支援
●対象となる経費
1. 活動を行うのに必要な経費
広報に要する経費
イベント開催に必要な経費(資料作成、消耗品等)
報告資料作成に要する経費 等

2. その他、当センターが必要と認める経費
3. 備品の購入(PCやプロジェクター等)や既存イベントに対する費用の補填は、対象となりません


詳細は(公財)いしかわまちづくり技術センター ウェブサイトをご覧ください。
http://www.machisen.jp/machi/wagamachi.php
posted by nominiko at 09:52| Comment(0) | 日記